FC2ブログ

冬の窓の結露にお悩みの方はリフォームの前に再確認を

私のマンションでは県や市からのリフォーム補助金が出るということで
以前エクスショップさん経由で二重サッシの取り付けを行いました。

二重サッシや二重ガラスのメリットとしては、断熱性が高まることにより冷暖房効果が高まることです。
簡単にいうと「熱が逃げにくい」「熱が入ってこない」というわけです。
北海道などの雪国では標準装備している当たり前の寒さ対策・・・
しかし関東で家に後から取り付ける場合、それなりに消費税増税のせいもあり費用がかかるのが痛いところです

shutterstock_191614193-1140x760.jpg

そこでリフォームを決断する前に今の「暖房方法」を再確認してみてください。

Point1. ガスファンヒーター、灯油ストーブを使ってる?

 火を燃やすので一番手っ取り早く暖かくなれますが、小中学校の理科の実験で習った通り
 「燃焼すると水蒸気が発生します」
 この水蒸気のせいで室内の湿度は一気に上昇・・・
 (もちろん小中学校の理科の実験で習った通り「飽和水蒸気量」という概念もあるのですが割愛します)
 
 しかも一酸化炭素中毒防止のため、定期的に窓を開けなければならず非常にもったいない。

Point2. 部屋の中で洗濯物を干していませんか?

 いくら冬は乾燥しているとはいっても洗濯物1家族分の水分までは吸収できません。
 一部の水分はガラス窓へ・・・結露となり
 一部の水分は押入れの奥へ・・・そしてカビ発生の原因になります

Point 3. 実は人間の身体も汗や息で水蒸気を排出しています。

 人間一人あたり2リットルの水を飲むのが健康に良いと言われていますが、
 尿以外に皮膚や口腔からもかなりの水分が出ています。
 4~5人で暮らしていたらそれはそれは多量の水蒸気が部屋に充満することでしょう・・・。

解決方法

1~2 = ルームエアコンを活用
3 = 外出して図書館へ行く

理由

室内の空気を循環させているだけなので有毒ガスを出しません。
1kWの電力で5kWの熱を室内に運べるヒートポンプを使っているので、電熱線ヒーターより電気代もかかりません。
また一定の室温になったら自動停止しますので家事や育児に集中できて楽ちんです
小さなお子さんがやけどする心配も無いですしね。

また外出することによって

・出かけている間の光熱費💡はゼロ
・日光☀に当たる事で冬に不足しがちなビタミンDが生成できる
・厚着して寒い外に出ることで、室内でもそれなりの厚着で過ごすのが苦痛でなくなる
・図書館などでエネルギーや熱力学について勉強すれば更に節約ができる(ジョーク)

というメリットがあります。
ぜひぜひ参考にしてくださいね。


関連記事

コメント

非公開コメント

ケムリクサの天ぷら

更新サボらないように頑張ります

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: